常識が非常識に! 非常識が常識に!

メッセージノート

常識が非常識に! 非常識が常識に!

(エペソ3:20 ALIVE訳)神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。

1. ヨセフの生涯は困難の嵐だった

(創世記 37:5)あるとき、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。すると彼らは、ますます彼を憎むようになった。

– 16歳の時に夢を見る  → 夢を完全否定  → 夢を諦める

(創世記 37:28)そのとき、ミデヤン人の商人が通りかかった。それで彼らはヨセフを穴から引き上げ、ヨセフを銀二十枚でイシュマエル人に売った。

– 兄弟に売り飛ばされる  → 存在意義の否定  → 人間不信、自分の自信を喪失

(創世記 39:1b)彼はエジプトに着くと、エジプト王に仕える役人の一人、ポティファルに買い取られました。 このポティファルという人は、親衛隊の隊長で、刑執行の責任者でした。

– 奴隷として売り飛ばされる   → 自分の身がお金で取引  → 失望、生きる意味がなくなる

(創世記 39:20)真相をよく調べもせず、すぐさまヨセフを捕らえ、牢に放り込んでしまいました。 王の囚人が入れられる牢です。

主人の妻に誘惑され襲われる  → 濡れ衣を着せられる  → この世を恨む、神への不信感

(創世記 40:23)ところが、毒味役はあまりうれしくて、ヨセフのことなどすっかり忘れ、王に口添えするどころではありませんでした。

囚人2人との約束–  → その約束も忘れ去られる  → 人間不信、将来の希望なし、信仰心もなし

ヨセフは正しいものを正しいレンズで見続けることができた。それはどうして?

測り知れない神の素晴らしさを知っていた

(伝道の書 3:11)あらゆることには、潮時というものがあります。神様はまた人間の心に、永遠を思う思いをもお与えになりました。しかし、人は神様の働きの全体を見ることができないのです。

(ルカ 16:10)小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。

悪いものを手放し続けた

(創世記45:4-5)「さあさあ、そんな所にいないで、ここへ来てください。」そう言われて、一同はそばへ寄りました。 「お忘れですか。ヨセフですよ。あの、エジプトへ売られた弟ですよ。(5)だけど、そのことで自分を責めないでください。何もかも神様のお取りはからいだったのです。私がここへ来るようにしたのも、ほんとうは兄さんたちでなく神様なのです。こんなふうに兄さんたちを助けることができるようにしてくださった。

(マタイ18:21-22)その時、ペテロが、イエスのそばに来て尋ねました。「先生。友達が私に罪を犯した場合、何回ぐらいまで赦してやればいいでしょうか。七回でしょうか。」(22)イエスはお答えになりました。「いや、七回を七十倍するまでです。

ライフグループの質問と祈り

1、あなたの最大限の想像はどんな感じですか?

2、ヨセフの人生に学べる分野はどこですか?

3、祈ろう!

私たちの世界を変える愛

メッセージノート

私たちの世界を変える愛

(マタイ22:34-40 ALIVE)何?サドカイ派がか・・・?」――イエスと論ずれば論ずるほど、己の間抜けさが露あらわになると感じたサドカイ派が、それ以上の議論を止めた。と聞いたパリサイ派が会議を開いた。(35)そして、パリサイ一派の中の熟練モーセ法学者がイエスを試す質問を仕掛けた。(36)「先生、神の掟で、最も重要なものは何なのでしょうか?」(37)「心、魂、思い、ちからを尽くしてあなたの王である神を愛すんだ――【聖書:申命記6:5より引用】(38)これこそ、最も重要な掟だ!(39)次に!周りの人間を自分の事のように愛すんだ!!!――【聖書:レビ記19:18より引用】(39)これも同じく重要だ!(40)全ての掟、そして預言者の言葉も、すべてはこの2つの掟から来ている」

–律法の教師(専門家)であるパリサイ人

–高学歴のプロフェッショナル – 律法に何万時間もかけてきた

600の律法を知っていた

248のポジティブな律法「これをして生きなさい」

365のネガティブな律法「これをしてはいけない」(1日1つ)

(36)「神の掟で、最も重要なものは何?」
好みではなく、知識でもなく
– 優先順位、土台となる石。私たち誰もが変わることが出来るもの?

1.神様を愛する– 最初で最も重要なこと

「心、魂、思い、ちからを尽くしてあなたの王である神を愛すんだ――【聖書:申命記6:5より引用】

2.自分を愛して、周りを愛する

「2つ目はこれだ」
–本質的に、ふるまいにも同じように。次の文章で、同じことの結果。

– 空っぽな心 – 自分を愛するということを模索し、造られたように他の人も愛したいと思っている。

–満タンな心 – 自分を愛し、他の人も愛することが出来る。

3.質問した人は、これを受け取る?私たちは受け取る?

「先生・・・全くもってご名答!」

(マルコ12:32 ALIVE訳)先生・・・全くもってご名答!おっしゃるとおり、神は唯一無二・・・!

(マルコ12:34)「あなたは、神の王国キングダムまでもう少しだ!」

この箇所の祝福
(申命記6:3 リビング訳)だから、少しも聞きもらさないよう気をつけ、一つ一つの戒めを注意深く守りなさい。そうすれば、神が先祖たちに約束されたとおり、乳とみつの流れる地で大きな民になるでしょう。

これを子どもたちに教えよう-流していく

(申命記6:7 リビング訳)子どもたちにも、しっかり覚えさせなさい。家にいるとき、外を歩いているとき、寝る前、朝起きたとき、いつでもまず第一に暗唱させるのです。

神様の愛が注がれる

(ローマ5:5)この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

ライフグループの質問と祈り

1.あなたは神様の愛で満たされていますか?

2. もっと欲しいですか?

3.一緒に祈ろう!

小さな一歩から大きな一歩へ

メッセージノート

小さな一歩から大きな一歩へ

(マルコ10:51)「どうしてほしいのですか」と、イエスがお尋ねになると、彼はもどかしげに、「先生。 見えるように、見えるようになりたいんです」と答えました。

(ヨハネ14:12)よく言っておきます。わたしを信じる者はだれでも、わたしと同じ奇蹟を行なうばかりか、それよりもさらに大きな奇蹟さえ行なうのです。わたしが父のもとに行くからです。

-大きな将来にコミットし、自分を進めさせるためには?

1. 将来何を見たいのか?

2. 誰のためなのか?

3. 今何するべきなのか?

1. 将来、あなたは何を見たい?

(ヨハネ9:1-3 またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。(2)弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」(3)イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。

(ヘブル 11:1)信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。

-「家を想う心」献金をする上であなたは何を見てる?

2. それは誰のためになるの?

(ヨハネ10:14-16 リビング訳)わたしは良い羊飼いであり、自分の羊を知っています。また羊もわたしを知っています。(15)わたしの父がわたしを知っておられ、わたしも父を知っているのと同じです。わたしは羊のためにいのちを捨てるのです。(16)このほかに、別の囲いにも羊がいます。その羊をも導かなければなりません。やがてその羊も、わたしの声に注意深く聞き従い、一人の羊飼いのもとに一つの群れとなるのです。

(2 コリント 9:7)ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。

3. じゃあ、今、何をするべき?

(2コリント9:11-12 リビング訳)そうです。神様からたっぷりいただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。そして、私たちが、その贈り物を必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、あなたがたの援助のゆえに神様への賛美がわき上がるのです。(12)そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。すなわち、困っている人々が助けられること、そして、彼らの神様に対する感謝の念が満ちあふれることです。

ライフグループの質問と祈り

1、どんな世界(日本・東京)を見ている?

2、誰のために生きてる?

3、今何ができる?祈ろう!

止まらないで、誘惑から逃げる!

メッセージノート

止まらないで、誘惑から逃げる!

1. 自分の弱い部分を知る

ヤコブ 1:14-15(ALIVE訳)
人は自分の悪い欲望に釣られて誘惑されるのだ。
欲望が完全にふくらむと過ちを犯し、過ちが完全にふくらむと死を生み出す。

2. 神様の言葉はあなたの武器になる

エペソ 6:17(ALIVE訳)
救いのかぶとをかぶり、神のことばである神の魂の刀を手にとれ!

マタイの福音書‬ ‭4:8-10‬
「次に悪魔は、非常に高い山の頂上にイエスを連れて行きました。そして、世界の国々とその繁栄ぶりとを見せ、 「さあ、ひざまずいて、この私を拝みさえすれば、これを全部あなたにやろう」とそそのかしました。 「立ち去れ、サタン! 『神である主だけを礼拝し、主にだけ従え』 ( 申命6・13 ) と聖書に書いてあるではないか。」イエスは悪魔を一喝しました。」

3. あなたの考えを新しくする

ローマ 12:2(ALIVE訳)
世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。

4. 誘惑から逃げる

1テモテ 6:11(ALIVE訳)
だが、おまえは神に属す。だから、これらすべての悪から逃れ、正しく、良いことに熱心に励むのだ。神を敬い、信頼し、人を愛し、根気強く、もの腰のやわらかな態度を身につけ、

時には、罪に流れてしまう時があるかもしれない。もし、誘惑に流れてしまってもクリスチャンとしての最後ではない。でも、神様のもとに戻って罪を告白してその罪を取り除く必要がある。

ブーメラン

メッセージノート

ブーメラン

(ルカ 6:37-39 リビング訳)人のあら捜しをしたり、悪口を言ったりしてはいけません。自分もそうされないためです。人には広い心で接しなさい。そうすれば、彼らも同じようにしてくれるでしょう。(38)与えなさい。そうすれば与えられます。彼らは、量りのますに、押し込んだり、揺すり入れたりしてたっぷり量り、あふれるばかりにして返してくれます。自分が量るそのはかりで、自分も量り返されるのです。」(39)イエスはさらに、もう一つのたとえを話されました。「盲人が盲人の道案内をしたら、どうなるでしょう。一人が穴に落ち込めば、もう一人も巻き添えになるでしょう。

1. .赦しから始め、手放す

–赦すレッスン

–寛大になる

–そこから始める

2.増え続ける円の中で与え受け取り続ける

(箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

3.戻ってくるけど…

1. 誰からかわからない

2.どのようにかはわからない

3.いつかはわからない

4.何かはわからない…

でも大きく強く戻ってくる

「男の名前はフレミング。スコットランドの貧しい農夫だったある日、いつものように家族の一日の糧を求めて外に出た時、近くの沼地から助けを求める叫びを聞いた。すぐに手に持った道具を放すと、彼は沼地に走った。そこには黒い泥に腰まで浸かって少年がそこから抜け出そうと叫びもがき、顔には恐怖の色が浮かんでいた。誰にも気づいてもらえなければ、ゆっくりだが恐ろしい死が待っているのみだった。フレミングは少年を助けあげた。翌日スコットランドの人影まばらなこの土地に派手な馬車がやって来た。上品な服装の貴族が降り立ち、自分の名前を名乗った。フレミングが昨日助けた少年の父親だという。「昨日、息子を助けて頂いた。ご恩を返さなければならない。」「そんな。私は当然のことをしたまでです。お金など受け取れません。」と農夫は申し出を断った。その時、農夫の息子が粗末な家から出てきた。「あなたの息子かね?」「そうです」とフレミングは誇らしげに答えた。「では、こうしよう。息子を私のところによこしなさい。教育を受けさせてあげよう。もしこの青年があなたに似ているところがあるなら、立派な男に成長するだろう。」事はそのように運んだ。後に農夫フレミングの息子はロンドンにあるセントメリー病院の医学部を卒業しペニシリンの発見者サー・アレクサンダー・フレミングとして世界中に知られる存在となった。その後第二次世界大戦中イギリスの首相になっていた貴族の息子が肺炎にかかった彼を救ったものは…ペニシリンであった。その貴族の名前は、ロード・ランドルフ・チャーチル。そしてその息子は…サー・ウィンストン・チャーチル。農夫が助けた少年だった。」

4.ブーメランの一部になろう!タネを蒔こう!

タネを蒔くか蒔かないか

(ガラテヤ 6:7 リビング訳)思い違いをしてはいけません。神を無視することなどできません。人は種をまけば必ずその刈り取りもすることになるのです。

続くものを築く

メッセージノート

続くものを築く

1. イエスが私達の土台

1コリント 3:11(ALIVE訳)
私たちがすでに持っているイエス・救世主という本物の土台。 誰にもこれ以外の土台を置くことなどできないのである。

2. 量よりも質に焦点をおく

コロサイ 3:17(ALIVE訳)
口を動かすにしても、足を動かすにしても、ただ王・イエスのためにあるべきであり、いつでもどこでもイエスの名によって父なる神に感謝するんだ!

1コリント 3:12-14(ALIVE訳)
しかし、この土台の上には、いろいろの材料で建てることができる。 金や銀や宝石、 また、木や草、あるいは、わらなどを用いる人もある。最後の審判の日に人間の働きは良くも悪くも明らかになる。その時には、各自がどんな材料で教会を建てたか、火で燃やすことで明白になる。そして、その土台の上に適切な材料を使って建てた人は、建物があとに残るので、報酬を受ける。

3. 神様が与えてくれているものに忠実になる

ルカ 16:10(ALIVE訳)
小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実だ。小さなことに不忠実な人は、大きな責任を与えられても、忠実に果たしはしない。

4. 神様が中心の動機であるようにしよう

ガラテヤ 1:10(ALIVE訳)
厳しいと思うか。ああ、私は彼らのように甘いことばやお世辞で、人気を得るつもりなど毛頭ない。人気を得たいなら、救世主の家来にはならん。人にではなく、神に認められるために、私は生きている。

舌をコントロールする

メッセージノート

ヤコブ 3:2(ALIVE訳)

誰でも多くの過ちを犯すが、舌を思いどおりコントロールできれば、体も完全に制することができる。

1. クリーンハートでい続けよう

ルカ 6:45(ALIVE訳)
つまりだ。良い人が良いことばかり口にすんのは、心が良いことでいっぱいだからだ!逆に自己中な人が自己中なことを口にすんのは、心が自己中な願望でいっぱいだからだ。いいか、心に秘めたことが人の口からこぼれる」

2. 時には、戦わないほうが良い時がある

「主が代わりに戦ってくださる。だから、みんなは指一本、動かす必要もない。」」
‭‭出エジプト記‬ ‭14:14‬ ‭JLB‬‬

ヤコブ 1:19-20(ALIVE訳)
愛する兄弟姉妹よ。
話すよりも先に耳を傾け、短気よりも気を長く持つことを心得なさい。
怒りは、神の標準から、私たちを遠く引き離す。

3. 毎日、心と舌を神様に委ねていこう

‭‭詩篇‬ ‭19:14‬ ‭JLB‬‬
「私の口のことばと、秘めた思いが、 神に喜ばれますように。 ああ、私の岩、私の救い主、主よ。」

4. 励ましと影響力のある言葉を話す準備をしよう

コロサイ 4:6(ALIVE訳)
親切に、わかりやすく、おもしろく話すことで飲み込みやすくしてあげるんだ。そして、よい受け答えができるようにしておくことだ。

立ち上がって、進む!

メッセージノート

1, 目的を知ること

(使徒 26:13-16 ALIVE訳)その道中のことです。 昼間であったにもかかわらず、天から光が射してきたのを見ました!太陽よりも眩しい光は、私を含め、共に旅をしていた者たちまでをも包み込み、(14)全員その場に倒れ込みました。 そのとき、アラム語で話す声が聞こえてきました。“サウロ、サウロよ、なぜ俺を攻撃する?俺と争っても、傷つくのはおまえだぞ”と。(15)私は、慌てて聞き返しました。“ど、どなた様でしょうか?”すると声の主は、“俺はおまえが攻撃している、イエスだ。(16)立て!!!俺の使者としておまえを選んだ。これよりおまえは、‘俺’を広める。今見ていることやこれから示すことすべてを。これがおまえのもとへ来た理由だ。

2, 目的に向かって進む!神様がいつもそばにいる!

(使徒 17:27-28a ALIVE訳)神は人間に探しだしてもらいたいと思っている。実際、本気で探し求めるなら、必ず見い出す!!そう、神は私たちから遠く離れてはいない!!むしろいつもそばにいる!!(28)神によって、私たちは生きることができ、使命を持ち、それを成し、ありのままの己として存在する。

(ピリピ 4:13 ALIVE訳)なぜなら、力を与え、強めてくれる救世主に助けられて、私は、神の要求を、何でも成し遂げることができるからだ。

(‭‭エレミヤ書‬ ‭29:11-13‬‭ リビング訳)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。 その時になったら、わたしはおまえたちの祈りに耳を傾ける。 真剣に探し求めるなら、おまえたちはわたしを見つけることができる。 ‭‭

父さんの愛

メッセージノート

父さんの愛

 
(ルカ 15:17-24 ALIVE訳) ここまで来て、次男は自分の過ちに気付き、こう思った。“あーあ、親父の召使いでさえ、今頃腹いっぱい食ってるってのに俺ときたら、飢え死にしかけてる。情けねぇ。(18)そうだ、親父のもとへ帰ってこう言おう。‘俺は神様にも、父さんにも、取り返しのつかないことをしてしまった。(19)もう息子と呼ばれる資格なんてないことぐらい分かっている。だからお願いします。俺を雇ってください’”(20)決心がつくと、父親のもとへ帰った「ところが、家までは、まだ遠くはなれていたというのに、父親は息子の姿を、いち早く見つけた。そして、ボロボロに弱った姿を見て、父親の心はしめつけられるような思いになった。じっとしてはいられず、走り寄ってぎゅっと抱きしめ、頬に口づけした。(21)“父さん、俺は神様にも、父さんにも取り返しのつかないことをした・・・もう息子と呼ばれる資格なんてない・・・(22)ところが父親は、使用人たちに言った。“さあさあ、何をぼやぼやしている!急いでせがれに一張羅を着せてやれ!我が一家の指輪と丈夫なくつもだ!(23)そうだ!それから最高級の黒毛和牛をありったけふるまってみんなで宴だ!!(24)死んだものだとあきらめていた息子が生き返り、行方知れずの息子が見つかったのだ!!!” こうして、宴は始まった!」

1. 彼があなたを造った

(詩篇‬ 139:13‬ リビング訳)神様は、精巧に私の体の各器官を造り、母の胎内で組み立ててくださいました。

2. あなたが父さんを知るときに、自分が誰なのかを知る

(ローマ 8:15 MSGからの直訳) 神の霊が私たちの霊に触れて、本当の自分を確証させる。彼が誰なのかを私たちは知り、自分たちが誰なのかも知る:父さんと子どもたち。

3. 彼の無条件の愛を受け取る

(ローマ 5:8 ALIVE訳)しかし、神の偉大な愛は違った。 私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主は私たちのために死んでくれたのだ。

信仰をチャージする

メッセージノート

信仰をチャージする

1. 信仰は創造力が必要

‭‭コリント人への手紙Ⅱ‬ ‭4:18‬ ‭JLB‬‬
「ですから私たちは、いま見えるもの、すなわち身の回りの苦しみには目をとめません。むしろ、今は見えない天にある喜びを望み見ているのです。苦しみは、やがて消え去ります。しかし、その喜びは永遠に続くのです。」

2. 信仰には行動が必要

ヤコブ 2:17(ALIVE訳)
同じように、どれだけ信じていても、何もしないのであれば、死んだ信仰だ。

ヤコブ 1:22(ALIVE訳)
また、聞くだけでなく、神の教えに従うことも、忘れてはならない。
聞くだけ聞いて、動かないなら意味がない。

:聖霊の力によって、私たちは信仰を持って一歩踏み出すことが必要。それは、イエスが呼んでいる事をなんであろうとすること

3. 信仰には柔軟性が必要

箴言 知恵の泉‬ ‭3:4-6‬ ‭JLB‬‬
「神にも人にも喜ばれ、 正しい判断力と英知を得たいなら、 とことん主に信頼しなさい。 決して自分に頼ってはいけません。
何をするにも、主を第一にしなさい。 主がどうすればよいか教えてくださり、 それを成功させてくださいます。」

:時に信仰を通して何かをする時に自分の考えを手放して、神様の考え方に心をオープンにするべき時がある。
‭‭