たくさん許され、恵まれ、愛する

Uncategorized
1.状況
(ルカ7:36-40 新改訳)さて、あるパリサイ人が、いっしょに食事をしたい、とイエスを招いたので、そのパリサイ人の家にはいって食卓に着かれた。(37)すると、その町にひとりの罪深い女がいて、イエスがパリサイ人の家で食卓に着いておられることを知り、香油のはいった石膏のつぼを持って来て、(38)泣きながら、イエスのうしろで御足のそばに立ち、涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗った。(39)イエスを招いたパリサイ人は、これを見て、「この方がもし預言者なら、自分にさわっている女がだれで、どんな女であるか知っておられるはずだ。この女は罪深い者なのだから。」と心ひそかに思っていた。(40)するとイエスは、彼に向かって、「シモン。あなたに言いたいことがあります。」と言われた。シモンは、「先生。お話しください。」と言った。
2.たとえ話
(ルカ7:41-42 新改訳)「ある金貸しから、ふたりの者が金を借りていた。ひとりは五百デナリ、ほかのひとりは五十デナリ借りていた。(42)彼らは返すことができなかったので、金貸しはふたりとも赦してやった。では、ふたりのうちどちらがよけいに金貸しを愛するようになるでしょうか。」
-金貸しは慈悲深く2人ともを許した
-この優しい金貸しは慈悲深く借金を帳消しにして、彼らのことを許した(情熱)
(ルツ4:8-11 新改訳)それで、この買い戻しの権利のある親類の人はボアズに、「あなたがお買いなさい。」と言って、自分のはきものを脱いだ。(9)そこでボアズは、長老たちとすべての民に言った。「あなたがたは、きょう、私がナオミの手から、エリメレクのすべてのもの、それからキルヨンとマフロンのすべてのものを買い取ったことの証人です。(10)さらに、死んだ者の名をその相続地に起こすために、私はマフロンの妻であったモアブの女ルツを買って、私の妻としました。死んだ者の名を、その身内の者たちの間から、また、その町の門から絶えさせないためです。きょう、あなたがたはその証人です。」(11)すると、門にいた人々と長老たちはみな、言った。「私たちは証人です。どうか、主が、あなたの家にはいる女を、イスラエルの家を建てたラケルとレアのふたりのようにされますように。あなたはエフラテで力ある働きをし、ベツレヘムで名をあげなさい。
(ルカ7:43 新改訳)シモンが、「よけいに赦してもらったほうだと思います。」と答えると、イエスは、「あなたの判断は当たっています。」と言われた。
3.大きな真理:恵みと赦しが愛と仕える思いに繋がる
(ルカ7:44-50 新改訳)そしてその女のほうを向いて、シモンに言われた。「この女を見ましたか。わたしがこの家にはいって来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、この女は、涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれました。(45)あなたは、口づけしてくれなかったが、この女は、わたしがはいって来たときから足に口づけしてやめませんでした。(46)あなたは、わたしの頭に油を塗ってくれなかったが、この女は、わたしの足に香油を塗ってくれました。(47)だから、わたしは言うのです。『この女の多くの罪は赦されています。というのは、彼女はよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。』」(48)そして女に、「あなたの罪は赦されています。」と言われた。(49)すると、いっしょに食卓にいた人たちは、心の中でこう言い始めた。「罪を赦したりするこの人は、いったいだれだろう。」(50)しかし、イエスは女に言われた。「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」
喜びを持って神様に仕える
(詩編100:2 新改訳)喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。

難しい人とどの様に付き合って行くのか?

Uncategorized

-「難しい人」の定義
-自分がどう変われるか、また周りにどの様な変化をもたらせることができるかを見ていく
知るべきこと
-全ての人がユニークである
(ローマ12:4-5 JCB)人の体には多くの器官があるのと同じように、キリストの体である教会にも、多くの器官があります。私たちはみな、キリストの体の各器官です。その体が形造られるには、私たちが必要です。というのは、それぞれが異なった役割を果たすからです。ですから、私たちは互いに依存し合っており、だれもがほかのすべての人を必要としているのです。
-全ての人が自分が正しいと思っている
(ローマ14:16 JCB)たとえ自分の行為は正しいとわかっていても、人の批判の的になるようなことをしてはなりません。
-ことばの力を知る
(ヤコブ3:5 JCB)同様に舌もちっぽけなものですが、使い方を誤ると、途方もなく大きな害を生じます。小さな火が大きな森林を焼き尽くします。
私たちができること
-悪に悪を返さない
(ローマ12:17 JCB)悪いことをされても、決して仕返しをしてはいけません。だれが見ても、あなたがたの正直さを認めるように行動しなさい。
-神様の前で正しさを保つ
(エペソ 6:12 JCB)戦う相手は、血肉を持った人間ではなく、肉体のない者たちです。すなわち、目に見えない世界の支配者たち、この世を支配する暗闇の大王たち、それに、天にいる無数の悪霊です。
-共通点を探す
(エペソ 4:29 JCB)悪意のこもったことばを口にしてはいけません。相手の益となり、助けとなること、また祝福を与えることだけを話しなさい。
-その人を赦す
(エペソ 4:32 JCB)むしろ、互いに親切にし、心のやさしい人になりなさい。そして、神がキリストにあってあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。
-その人のために祈る
(ピリピ 4:6-7 JCB)何事も心配しないで、どんな時でも神に祈りなさい。そして、祈りに答えてくださる神に感謝しましょう。(7)そうすれば、人間の理解をはるかに超えた、すばらしい神の平安を経験します。キリスト・イエスにあって、その平安はあなたがたの心と思いを静め、安らかにしてくれるのです。
-だからこそ、光になれる
(マタイ 5:14-16 JCB)あなたがたは世の光です。丘の上にある町は夜になると灯がともり、だれにもよく見えるようになります。(14-15)あなたがたの光を隠してはいけません。すべての人のために輝かせなさい。だれにも見えるように、あなたがたの良い行いを輝かせなさい。そうすれば、人々がそれを見て、天におられるあなたがたの父を、ほめたたえるようになるのです。

励まされてる?… それなら周りの人を励まそう!

Uncategorized

-励ましは酸素のようなもの!

(2 コリント 1:3 JCB)私たちの神様は、なんとすばらしいお方でしょう。神様は主イエス・キリストの父であり、あらゆる慈愛の源です。

慈愛 – 感情的な強さ(そして応えようとする強い願望)

(ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!

励まされた(慰め)

-(この5節に10回)

-引き上げるために近くに呼ぶ

-裁判で使えるほどの賢いアドバイス

-勝利のためのコーチング

(ケアする慰め – タイを帰るときに)

(親しい励まし – 消防士)

(イザヤ 7:9b 新改訳)もし、あなたがたが信じなければ、長く立つことはできない

(辛い状況での弁護 – 試練の時)

(2 コリント 1:4 JCB)そして、私たちが苦しみや困難にあえいでいる時、慰めと励ましを与えてくださるお方です。それは、苦しみの中にあって慰めと励ましを必要としている人々に、私たちも、神から受ける助けと慰めを与えることができるためです。

(2 コリント 1:6 JCB)私たちが大きな苦しみに会うのも、あなたがたが神の慰めと救いを受けるためです。現に神様は、苦しんでいる私たちを慰めてくださいました。それは、あなたがたのためでもあるのです

(2 コリント 1:5 JCB)私たちがキリストのために苦しめば苦しむほど、より豊かにキリストから慰めと励ましが与えられることは確かです。

(2 コリント 1:7 JCB)つまり、あなたがたが私たちと同じような苦しい境遇に立たされた時、神の慰めがどれほどやさしさに満ちたものであるかを知ることができるのです。神様は必ず、苦しみに耐え抜く力を与えてくださいます。

1.ペテロは励まされた

-イエスが蘇って、最初にペテロに語った言葉が彼を引き上げた

(マルコ 16:7 新改訳)ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。

2.ペテロはペンテコステの日に周りの人を励ました

(使徒 2:36-39 JCB)ですから、イスラエルのすべての人に、はっきり言っておきます。神様が主とし、キリスト(ギリシャ語で、救い主)とされたイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。)(37)ペテロのことばは、人々の心を強く打ちました。「それでは、私たちはどうすればいいのでしょう。」あちらからもこちらからも、使徒たちへの質問の声があがりました。(38)ペテロは答えました。「一人一人、罪の生活から悔い改めて神に立ち返りなさい。そして、罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマ(洗礼)を受けなさい。そうすれば、聖霊という賜物をいただけます。(39)それはキリストが約束してくださったことです。あなたがたは言うまでもなく、あなたがたの子孫、また遠くにいても、私たちの神である主がお招きになったすべての人に与えられるのです。」

励ましの聖書箇所は励ます

(ローマ 15:4 ALIVE訳)いままで聖書に記されたことは、すべて私たちを教えるために書かれたのであって、それは聖書の与える忍耐と励みとによって将来に希望を抱かせるためのものだ。

教会は励ます

(1 テモテ 4:13 ALIVE訳)私がそっちに行くまで、教会で聖書を読みあげ、その内容を教え、鼓舞するのだ。

イエスとディナーを一緒に食べたい人

Uncategorized

-暴動になる

-面白くなる

-ジェットコースターのような感じ

-最高になる!

(マタイ 26:6-13 JCB)さて、イエスはベタニヤへ行き、ツァラアトの人シモンの家にお入りになりました。(7)そこで食事をしておられると、非常に高価な香油のつぼを持った女が入って来て、その香油をイエスの頭に注ぎかけました。(8)それを見た弟子たちは、腹を立てました。「なんてもったいないことを!(9)売ればひと財産にもなって、貧しい人たちに恵むこともできたのに。」(10)イエスはこれを聞いて言われました。「なぜ、そうとやかく言うのですか。この女はわたしのために、とてもよいことをしてくれたのです。(11)いいですか。貧しい人たちならいつも回りにいますが、わたしはそうではありません。(12)今、この女が香油を注いでくれたのは、わたしの葬りの準備なのです。(13)ですから、この女のことは、いつまでも忘れられないでしょう。そして御国のすばらしい知らせが伝えられる所ならどこででも、この女のしたことも語り継がれるでしょう。」

誰がいたの?

1.皮膚病を抱えたシモン(1)

2.高価な香油のツボを持った女(マリア)(1)

3.弟子(ユダ・イスカリオテを含む)(12)

-腹を立てた(何かが間違いだったから、不快感をかきたてられた)

-「なんてもったいないことを!」(何かが切られた、無くなる、崩壊)「全部めちゃくちゃにした」

-高く売れた!

弟子たちは悪かったの?違うけど、1人のネガティブの人に影響されていた(ユダ)

-「そう言ってる人がいるよ」(=その人を含め1〜2人)

-「みんなが言ってる」(=その人を含め2〜3人が言ってる)

実によって

(マタイ 7:16 新改訳)あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。

神の霊の実

(ガラテヤ 5:22-23 新改訳)しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、(23)柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。

4.イエス

-なぜ疲れを持ってくるのだ?

-私のために(私の中へ)、とても良いことをしてくれた(すること)

-私の葬りのため(彼女は瞬間を理解していた。時、このチャンスを使い神を祝福した)

2.2つの結果

-素晴らしいことをしたと女は語り継がれている

-弟子たちは大事なことを学んだ

-すごいパーティー?次は何?

-イエスと共にいる人は常に過半数!

イエスを飛び上がらせるほど喜ばせる!

Uncategorized

(ルカ 10:21 ALIVE訳)神の霊に満たされたイエスは、天にも昇るような思いになった!「天地の王!父さん神!!ありがとう!!!俺は感謝でいっぱいだー!!!こんな素晴らしい真理を、知ったかぶりの思い上がりには隠し、子どものように素直な人たちに明かしてくれた!ああ、知ってるさ父さん!これがあなたの望んだ王道だ!!!」

ストーリーの背景

72人

(ルカ 10:1-2, 9 ALIVE訳)この後のことだった――イエスは一味の中から72人選抜すると、足を運ぼうと考えていたすべての町や村へ2人1組にして送り出した。(2)「収穫できる人間は山ほどだ・・・なのに俺の仲間を増やす手はこれっぽっちだ。いいか、収穫は神のものだ!責任者である神に、もっと働き手を送るように頼むんだ!!(9)町の病人を治し、“神の王国が来た!”と伝えろ!

(ルカ 10:17-20 ALIVE訳)それからしばらくして、選りすぐりの72人が満面の笑みで任務から帰ってきた。 「師匠の名を使うと、悪魔でさえ従うんだぜッ!!!」 彼らはみな喜びにあふれてイエスに報告を始める。(18)「そうか、そうか!!俺も悪魔王が稲妻のごとく落ちるのを見た!(19)やつらは、敵だ。だが、自覚しろ!おまえたちには、ヤツを大きく上回る力を授けた!その力は、ヘビやさそりのような恐ろしい敵を軽々と踏みにじる力だ。おまえたちに指一本触れることはできない。(20)そうだ、悪魔でさえおまえたちに服従する。喜べ!この“力”ではなく、おまえたちの名が天の書に刻まれていることをッ!!!」

喜びで飛び上がるとは?
(旧約聖書84回, 新約聖書16回)

もっと+ジャンプ、もっと+飛び跳ねる(内側も外側も)

ダビデも歌って飛び上がるのが好きだった(詩篇:57回)

(詩篇 100:2 JCB)喜びをもって主に仕え、喜びの歌を歌いつつ、神の御前に進み出なさい。

(詩篇 118:24 新改訳)これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。

(詩篇 126:5-6 JCB)涙を蒔く人は、やがて喜びを刈り取ります。(6)種を手にし、泣きながら出て行った人々が、やがて収穫の束をかかえ、歌いながら帰って来るのです。

ペテロ

(使徒 2:26 ALIVE訳)だから躍る我が心、だから湧き出る喜びの歌!体が朽ちても、朽ちないこの希望。

詩篇16を引用

ピリピの看守

(使徒 16:34 JCB)それから、二人を自宅に案内し、食事を出してもてなし、全家族がクリスチャンになったことを心から喜び合いました。

天国

(黙示録 19:7 ALIVE訳)さあ、大いに喜び楽しみ、神をほめたたえよう!さあ子羊たるイエスの結婚の時、花嫁のしたくも整った!

なぜイエスは喜びで飛び上がったのか?

1.イエスはそうだから!

(ガラテヤ 5:22-23 ALIVE訳)しかし、神の霊に人生の主導権をわたすなら、このような結果が生まれる。それは、愛、喜び、精神的安定、辛抱強さ、親切心、善意、律儀、(23)穏やかさ、冷静さである。ここに、掟に反するものは何ひとつない。

2.72人の弟子がミッションに加わり、人々が祝福され、戻ってきたときにイエスは喜んでいた!

(マタイ 16:18 ALIVE訳)だから、岩であるペテロ。俺はこの岩の上に教会を建ちあげよう!!!死の力でさえも、俺の教会を倒すことはできない。

3.神様はハングリーな人に常に真実を明かしている

何故、神様は悪魔をそのまま自由にさせてるの?

Uncategorized

(マタイ 4:1-11口語訳) さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。(2)そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。(3)すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。(4)イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。(5)それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて(6)言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。(7)イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。(8)次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて(9)言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。(10)するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。(11)そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。

あなたのアイデンティティ(自身)に攻撃を与える

(マタイ 4:3口語訳)すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。

(マタイ 4:6口語訳) 言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。

あなたの才能に攻撃を与える

(マタイ 4:5-7口語訳)それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて(6)言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。(7)イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。

(エペソ4:2-3)謙そんで柔和な人になってください。 愛をもって互いの欠点を思いやり、互いに忍耐してください。 聖霊様によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい。

あなたの将来像に攻撃を与える

(マタイ 4:8-9口語訳)次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて(9)言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。

何故、悪魔が攻撃したいかを知る

(イザヤ43:19 新改訳) 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。

神様の声ってどんなの?

Uncategorized

(マタイ 4:4 ALIVE訳) 「”人は飯めしだけでは生きていけない。神の与える全てのことばによって生きる”と聖書にある」――【聖書:申命記8:3より引用】

1.父親の声

(マタイ 3:16-17 JCB) ――ざぶんッ・・・ イエスが水から上がった瞬間。 カッ! 空が引き裂かれたように明るくなり、神の霊ホーリースピリットが自分の上に舞い降りてくるのがイエスの目には見えた。それはパタパタとまるでハトのように・・・(17)――むすこよ・・・愛しているぞ・・・おまえは私の誇りだ――!!! その声は天から響き渡った。

2.あなたの名前を知っている声、あなたの言語で

(1サムエル 3:10 新改訳) そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル。」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております。」と申し上げた。

3.引き上げてくれる声 (強めてくれて、励ましてくれて、慰めてくれる)

(1コリント 14:1-3 ALIVE訳) 愛こそが人生最高の目標だ! それと共に、神の霊が与えてくれる特別な才能、特に、神のことばを伝える預言を恵んでくれるように求めなさい。(2)しかし、もしあなたが、異言を語る場合、それは神への語りかけであって、人へではない。 人には、そのことばが理解できないからである。 あなたは、神の霊の力によって語るのだが、それはみな、秘密の事柄なのだ。(3)しかし、神からのことばを語る者は、人を励まし、慰め、イエスとの信頼関係を強める。

4. 愛し、赦し、受け入れてくれる声

「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」

(ヨハネ 8:10-11 ALIVE訳) イエスは体を起こすと―― 「あれ、あなたを訴えた人たちはどこに行った? あなたを罰する者は1人もいなかったのか」(11)「はい、先生・・・」 彼女はまだ怯えていた。 これから起こることを恐れて。 「そうか、俺もあなたを罰さない。さあ行け!もう二度と罪を犯すんじゃあないぞ!」

5.もっといい将来へと惹き寄せてくれる声

(ヨハネ 1:42 ALIVE訳) アンデレはさっそく兄シモンをイエスのもとへ連れて行った。「ヨハネの子、シモン。あなたは岩ペテロと呼ばれる・・・!!!」シモンをみてイエスはそう言った。

これに関してどうしたら成長できるのか?

1.ジャーナル。神のことばは近い

(2テモテ 3:16-17 ALIVE訳) すべての聖書個所に神の息がかかっていて生きている。 それは人の過った考えを正し、曲がった人生をまっすぐにし、良い人生を歩ませる。(17)聖書個所によって神の男は整えられ、神が望む働きをするに必要な力が与えられる。

2.祈り
私は待った。

(ハバクク 2:1 新改訳) 私は、見張り所に立ち、とりでにしかと立って見張り、主が私に何を語り、私の訴えに何と答えるかを見よう。

3.神の愛するものを愛する決断をする

(詩篇 122:1 新改訳) 人々が私に、「さあ、主の家に行こう。」と言ったとき、私は喜んだ。

4.預言 – 見て、聞いて、明らかなことを語る

(使徒 2:17-18 新改訳) “神は言われる。私は終わりの日、私の魂をすべての人に注ぐ。おまえたちの息子、娘は預言をし、青年は聖なる幻を見、老人は特別な夢を見る。(18)その時、男女を問わず、私に仕える全ての人へ私の魂を注ぐ。そして彼らは預言する。

(創世記 15:5-6 新改訳) そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」(6)彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。

アバラハム – 星たち
ビブさん – 津波のビジョン

5.グローコースとギフト診断

あなたの情熱のあるエリアで仕えよう

(ローマ 12:6-8 ALIVE訳) 神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。 だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!(7)仕えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく快く仕えるのだ! 教えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく分かりやすく教えるのだ!(8)鼓舞することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく鼓舞するのだ! 必要を満たすことに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく与えるのだ! 人を率いることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく模範になって率いるのだ! 慈善をすることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく喜んで慈善に励むのだ!

働きかける

Uncategorized

(マタイの福音書 28:19-20 JCB) だから、出て行って、すべての人々をわたしの弟子とし、彼らに、父と子と聖霊との名によってバプテスマ(洗礼)を授けなさい。 また、弟子となった者たちには、あなたがたに命じておいたすべての戒めを守るように教えなさい。わたしは世界の終わりまで、いつもあなたがたと共にいます。」

1.良い知らせをシェアしよう

(マルコの福音書 16:15-16 JCB) それから、こう宣言されました。「全世界に出て行きなさい。すべての人々にこの福音を宣べ伝えるのです。 信じてバプテスマ(洗礼)を受ける者は救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。

(マタイの福音書 9:37-38 JCB) イエスは弟子たちに言われました。「収穫はたくさんあるのに、働く人があまりにも少ないのです。 ですから、収穫の主である神に祈りなさい。刈り入れの場にもっと多くの働き手を送ってくださるように願うのです。」

2.信仰を大胆に

(ヨシュア記 1:9 口語訳) わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない。

(テモテへの第二の手紙 1:7 口語訳) というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。

3.究極のレースを走ろう

(テモテへの第二の手紙 4:2-5 口語訳) 御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを励み、あくまでも寛容な心でよく教えて、責め、戒め、勧めなさい。 人々が健全な教に耐えられなくなり、耳ざわりのよい話をしてもらおうとして、自分勝手な好みにまかせて教師たちを寄せ集め、 そして、真理からは耳をそむけて、作り話の方にそれていく時が来るであろう。 しかし、あなたは、何事にも慎み、苦難を忍び、伝道者のわざをなし、自分の務を全うしなさい。

(テモテへの第二の手紙 4:7-8 口語訳) わたしは戦いをりっぱに戦いぬき、走るべき行程を走りつくし、信仰を守りとおした。 今や、義の冠がわたしを待っているばかりである。かの日には、公平な審判者である主が、それを授けて下さるであろう。わたしばかりではなく、主の出現を心から待ち望んでいたすべての人にも授けて下さるであろう。

私たちは呼ばれる

Uncategorized
(エペソ 1:3-4 新改訳)私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。(4)すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。
自分の使命
(イザヤ 42:6 新改訳)わたし、主は、義をもってあなたを召し、あなたの手を握り、あなたを見守り、あなたを民の契約とし、国々の光とする。
(呼ばれてる – 旧約聖書 – 800回&新約聖書 – 225回)
神様は人を選ぶことを選んだ
王:ダビデのストーリー
(1 サムエル 16:6-13 JCB)彼らが来た時、サムエルはそのうちの一人、エリアブをひと目見るなり、「この人こそ、主がお選びになった人に違いない」と思いました。(7)しかし、主は言いました。「容貌や背の高さで判断してはいけない。彼ではない。わたしの選び方は、あなたの選び方とは違う。人は外見によって判断するが、わたしは心と思いを見るからだ。」(8)次はアビナダブが呼ばれ、サムエルの前に進み出ました。しかし、「主は彼も選んでおられない」とサムエルは言いました。(9)続いてシャマが呼ばれましたが、主からは、「彼もわたしの目にかなわない」という返事しかありませんでした。同様にして、エッサイの七人の息子がサムエルの前に立ちましたが、みな主に選ばれませんでした。(10-11)サムエルはエッサイに言いました。「どうも主は、この息子さんたちのだれをも選んでおられないらしい。もうほかに息子さんはいないのですか。」「いいえ、まだ末の子がおります。今、野で羊の番をしておりますが。」「すぐ呼びにやってください。その子が来るまで、食事は始めませんから。」(12)エッサイはすぐに彼を迎えにやりました。連れて来られたのは、見るからに健康そうで、きれいな目をした少年でした。その時、「この者だ。彼に油を注ぎなさい」と、主の声がありました。(13)サムエルは、その少年ダビデを兄弟たちの真ん中に立たせて、持って来たオリーブ油を取り、彼の頭に注ぎました。すると、主の霊がダビデに下り、その日から彼には卓越した力が与えられたのです。こののち、サムエルはラマへ帰って行きました。
才能溢れたアーティスト:べツァルエルのストーリー
(出エジプト 31:1-5 JCB)主はまた、モーセに告げました。「わたしはユダ族のウリの子で、フルの孫に当たるベツァルエルを選んだ。(3)彼に神の霊を満たし、幕屋とその中にある物いっさいを作るのに必要な、知恵と才能と技術を与えた。(4)彼は、金、銀、青銅の細工を美しくデザインすることができる。(5)また宝石の細工にも、木の彫刻にも熟練した腕を持っている。
12人の普通の男たちのストーリー
(ルカ 6:13 新改訳)夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。
私たちのストーリー:
(ヨハネ 15:16 JCB)あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選んだのです。そして任命しました。だから、あなたがたは行って、いつまでも残るすばらしい実を結びます。また、わたしの名前によって父に求めるものは、何でもいただけるのです。
(1 コリント 1:26-31 ALIVE訳)教会のみんな。神があなたを選んだときに自分が置かれていた環境やその時の自分という人間をよく考えてみてほしい。神に選ばれる前は、世の中から見て賢い人、著名人、または、貴族生まれの者は教会にほとんどいないだろう。(27)それどころか、神は、この世では愚か者だと思われている人を、わざわざ選んだ。それは、この世で知恵ある人を辱はずかしめるためなのだ。神はこの世の強いものに恥ずかしい思いをさせるため、弱い者を選んだのだ。 (28)神は、世の中が重要視しないもの、すなわち見下され、無価値とされるようなものを選ぶのだ。それもすべては、世の中にある大切なものの概念を崩し、無価値を有価にするために。(29)だから、どこのだれであっても、神の前で自慢できることはない。(30)というのは、みなさんをイエス・キリストに繋げたのは神であり、キリストが私たちに与えられた神からの知恵となったのだ。 イエスのおかげで、神に認められ特別な者とされ、罪から解放されたのだ。(31)聖書にあるとおりだ。 “誰であろうと誇りたければ神様を誇れ”
2.質問:なんで神様は選ぶの?神様だから!それだけ!
(ローマ 9:15-16 JCB)神はモーセにこう言われました。「わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」(出エジプト33・19)(16)したがって、神の祝福は、だれかがそれを得ようと決心したからとか、そのために努力したからといって与えられるものではありません。それは、神のあわれみによって与えられるものなのです。
(ローマ 9:20-21 JCB)そんなことを言ってはなりません。神を非難するあなたは、いったい何者なのですか。造られた者が造った者に、「なぜ私をこのように造ったのですか」などと言ってよいでしょうか。(21)ある人が粘土でつぼを作る時、その人は同じ粘土のかたまりを、一つは美しい花びんに、もう一つはふだん使いの容器に作り上げる権利を持っていないでしょうか。
3.私たちはどうすればいいの?
(ローマ 12:1-2 JCB)愛する皆さん。そういうわけですから、あなたがたにお願いします。あなたがたの体を、神に喜んでいただける、生きた、きよい供え物としてささげてください。それが神への礼拝となるのです。(2)この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ、神に喜ばれることは何かを思いながら、なすこと考えることすべての面で生き生きとした、全く新しい人となりなさい。
-神様の使命に応答する
-考えを変える
-神様の思いを知り、行動する

あなたの次のステップ

Uncategorized

「そして彼は、ある人を使徒とし、ある人を預言者とし、ある人を伝道者とし、ある人を牧師、教師として、お立てになった。 それは、聖徒たちをととのえて奉仕のわざをさせ、キリストのからだを建てさせ、 わたしたちすべての者が、神の子を信じる信仰の一致と彼を知る知識の一致とに到達し、全き人となり、ついに、キリストの満ちみちた徳の高さにまで至るためである。 こうして、わたしたちはもはや子供ではないので、だまし惑わす策略により、人々の悪巧みによって起る様々な教の風に吹きまわされたり、もてあそばれたりすることがなく、 愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達するのである。」
エペソ人への手紙 4:11-15 JA1955

次のステップがあなたを初めたてから成熟に

「そういうわけだから、わたしたちは、キリストの教の初歩をあとにして、完成を目ざして進もうではないか。今さら、死んだ行いの悔改めと神への信仰、 洗いごとについての教と按手、死人の復活と永遠のさばき、などの基本の教をくりかえし学ぶことをやめようではないか。」
ヘブル人への手紙 6:1-2 JA1955

次のステップがあなたを「バカ」から力に

「その力があなたにあり、その心がシオンの大路にある人はさいわいです。 彼らはバカの谷を通っても、そこを泉のある所とします。また前の雨は池をもってそこをおおいます。 彼らは力から力に進み、シオンにおいて神々の神にまみえるでしょう。」
詩篇 84:5-7 JA1955

次のステップに行く3つの障壁

私たちの過去

「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」
コリント人への第二の手紙 5:17 JA1955

私たちの観点

「見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起る、あなたがたはそれを知らないのか。わたしは荒野に道を設け、さばくに川を流れさせる。」
イザヤ書 43:19 JA1955

私たちの疑い

「主の言葉がわたしに臨んで言う、 「わたしはあなたをまだ母の胎につくらないさきに、あなたを知り、あなたがまだ生れないさきに、あなたを聖別し、あなたを立てて万国の預言者とした」。 その時わたしは言った、「ああ、主なる神よ、わたしはただ若者にすぎず、どのように語ってよいか知りません」。 しかし主はわたしに言われた、「あなたはただ若者にすぎないと言ってはならない。だれにでも、すべてわたしがつかわす人へ行き、あなたに命じることをみな語らなければならない。」
エレミヤ書 1:4-7 JA1955

あなたの次のステップは何?

近くのチャーチに根付く
-日曜日に参加

信仰を固める
-洗礼

神様を第一に置く
-十分の一献金

鉄で鉄を研ぐ
-コネクトグループ

ギフトを見つける
-グローコース

違いを作る
-ドリームチーム

他の人の成長を助ける
-リーダーシップ