喜びをもって神様に仕える

(詩篇100:2) 喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。

パウロは汚い牢獄から手紙を書いているのに、それでもピリピの人たちの祝福を祈っている。

(ピリピ1:9)私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり…

-まだ、もっと

-もっと、もっと

-もっと、もっと何?・・・豊かに!

-知覚-異なるレベルや深さ、3Dのイメージが見える。

識別する- かすんだ道徳価値を「切り開き」、本当のものを判断すること

Q: どうして、偉大な愛が素晴らしい知覚(感じ方)に繋がるの?どうして、これが大切?
A: 影響力と使命を持って、神様のために生きるため! -> (10節)

(ピリピ1:10)あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく..

-成功するために、試練に合う。

 エクセレンス – (最後まで)責任をもち続ける、優れたもの。

-ピュア- 太陽光のように輝く – 霊的なビジョンで。

-傷から自由、傷つけず、攻撃を発しない。

(ピリピ1:11)イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。

-満たされている – もうすでに完了している

-義の実 –全てはイエス!

(ガラテヤ5章)愛、喜び、平安、困難と向き合う力。

例) 1- 牢獄の中にいるパウロ(でも2000年後の私たちのために書物を書いている)

(ピリピ1:12)さて、兄弟たち。私の身に起こったことが、かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたいと思います。

例) 1- 牢獄の中にいるヨセフ(でも、3500年後の私たちのために模範となっている)

(創世記50:20)あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。

-結論:

だから、愛そう・・・全ての状況でもっと大きなイメージが見れるように。

だから、愛そう・・良いもので満たされるように、大変なときに、将来への準備ができるように。